千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
肩こりって・・・なんだ!?(第1回)
 千里堂治療院は地元では「肩こり駆け込み寺」という愛称で親しんでいただいています。

 「肩こり」というのは、あくまでも症状を現す言葉ですし、ひとりひとり感じ方はちがうもの。

 医者にかかっても「肩こり」という名前の病気があるわけではありませんね。

 いったい、なぜ肩こりは起こるのでしょうか。


 いくつかの原因が考えられます。

 1.筋力低下によるもの

 人間は2足歩行するため、重たい頭と腕を首や肩の筋肉で支えています。

 長時間同じ姿勢でいると筋肉には乳酸などの疲労物質が蓄積し、筋肉が硬くこわばった状態になります。

 PC作業などのデスクワークや車の運転で顕著です。

 ストレスや寝不足、立ちっぱなし、歩き回る営業職などでも発生します。

 このような状態になると、筋肉は疲れ果て、筋力は低下、こりが加速してしまうのです。

 首や肩のこりは背中・腕の緊張を招き、やがて全身疲労へと向かいます。


 首や肩にはたくさんの筋肉があります。

 表面を覆っている筋肉だけでなく、カラダの深い部分で人知れず働いてくれている筋肉もあります。

 そのような深部で姿勢を保持するために働いている筋肉は、普段はおとなしく黙って働いてくれていますので、あなたの意識にのぼることもありません。

 しかし、ひとたび「こり」が溜まり過ぎると痛みやしびれとなって悲鳴を上げることになります。


 こりは早めにほぐし、疲労物質をためないようにすることで予防できます。

 デスクワークを例にすれば、30分に一度は両腕を上げ下げしたり、頭をゆっくり左右に倒すストレッチをしてください。

 ほんの少しの対策で、また仕事に集中できるようになるでしょう。
   



 千里堂治療院のご案内はコチラをどうぞ
         ↓↓↓
     http://www.senrido.com/

筆:三浦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.