千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
鍼灸適応疾患【糖尿病】
「糖尿病=生活習慣病」として、今や広く認知されるようになりました。
予備軍の人も含め、悩まれてる方が多くいるのではないかと思います。

ここで糖尿病の種類についてまず紹介すると、

●1型糖尿病
若年層に見られ、膵臓のインスリン(血糖を下げる働きがあるホルモン)を出す細胞が壊されてしまう病。

●2型糖尿病
中高年に多く見られ、糖尿病患者の95%がこの型である。
運動不足、食べ過ぎなどの生活習慣、ストレスが原因で血糖が正常より多くなる病。

と、この2つに分かれており、1型、2型では治療法も全く異なってきます。
今回は2型糖尿病を主に説明していきます。

症状としては喉の渇きや多尿、体重減少などがありますが、さほど症状が出ないので油断しやすく、放っておくと将来、失明、腎不全、血流悪化による手足の切断など、恐ろしい合併症を引き起こす、まさにサイレントキラーです。
手遅れにならないうちに、早期に食い止めることがポイントになってきます。
糖尿病の場合、まずは医療機関での治療を受けていることを前提とし、食事療法、運動療法を行った上で、プラスアルファとして鍼灸治療を取り入れることを推奨します。

鍼灸治療は、人間が本来持っている自然治癒力を引き出しますが、それに関連して、血糖値やインスリンの状態も正常に近づけることができると考えられています。
糖尿病にならないためにも、また糖尿病を悪化させないためにも、予防医学として大いに利用されることをお勧めします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.