千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
202004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202006
鍼灸適応疾患【下痢】
みなさんも一度は経験したことがある身近な症状ではないでしょうか?

下痢の原因としては
・暴飲暴食(脂肪分や糖分、アルコールの過剰摂取)
・食中毒や感染症(O-157、ノロウィルス)
・冷え、ストレス(過敏性腸症候群)
などがあります。
これらの原因により腸での水分吸収が上手くいかなかったり、腸の動きが活発になり過ぎて症状が出ます。

暴飲暴食や食中毒、感染症によるものは急性の症状ですが、ストレスからくる過敏性腸症候群は検査しても異常が見つからないにもかかわらず、下痢が慢性的に続き、便秘と下痢を交互に引き起こすこともあります。
通勤通学の電車内や人と会う前、何か発表する際などに現れるので、日常生活にも支障をきたしてしまい、これにより辛い思いをしている方も多いかと思います。

上でも述べたように、過敏性腸症候群はストレスが原因となりますが、このストレスによる自律神経の乱れを整えたり、体の冷えに鍼灸の効果が期待できます。
また、お腹を下しにくい腸内環境を整えるために、十分な睡眠、適度な運動、バランスのとれた食事は重要です。
軽い症状なら薬を飲むことで改善されることもありますが、根本的な解決のために鍼灸治療がお役に立てればと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.