千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
血行改善にはとりあえず暖める(第5回)
 疲れ目はできるだけ早く除去する必要のあることをお話してきました。

 目を開けていられないほどの疲労・・・

 本当につらいものですよね。


 朝、目覚める度に、「ああ・・・また視力が落ちてる!(ToT)」

 そんな悲しい経験、ありませんか?

 映画を見に行って字幕が読みづらいとか、遠くの人の顔が見分けられないとか・・・

 たとえば、駅で電車を待ちながら反対側のホームの看板に書かれた文字を読んでみてください。

 小さな文字までちゃんと読めますか?


「最近、視力落ちたなあ・・・」

 あなたがそう感じられていましたら、とにかく、疲れ目をためずに早めに除去することを考えてください。


 では、どうするか?


 ずばり! 目の疲れは血行が悪くなっていると考えましょう。

 どうすれば血行が良くなるでしょうか。


 そうです。

 温めるんです。

 熱いお湯でしぼったタオルを、まぶたの上に乗せましょう。

 ほーーーっとしますよ。


「冷たい方が気持ちいいんじゃない?」

 そうお考えですか?

 でも、冷やすのは要注意です。


 まず考えてほしいのは温めること。

 じっくりタオルが冷めるまで乗せておいてくださいね。

 時間があれば、タオルを熱いお湯でしぼり直して2~3回繰り返しましょう。

 ホカロンなどの「いつまでも熱い」ものではダメです。

 熱すぎるのはよくないんです。


 冷え性の方がお風呂で全身を温めるのも同じです。

 熱いお湯に長く浸かっても、一時的に血行が良くなるだけで、血管が「反射収縮」を起こして、湯上がり後しばらくするとかえって血行が悪くなるんです。

 ですからお風呂も「ぬるめ」のお湯にじっくり浸かることが推奨されますよね。

 目も同じ。

 じっくり温めてやりたいんです。


 でも、初めからぬるいタオルではすぐに冷めてしまいますから、始めは熱いくらいのものでOK。

 徐々に温度が下がってくれるのがいいんです。

 ホカロンはずーーーっと同じ温度なので、取り除いたときに反射収縮を招いてしまう可能性があります。

 いかがでしょうか。

 面倒くさがらずに試してみてくださいね。


 熱いお湯でしぼったタオルを顔に乗せて。


 こんな簡単なことでも案外疲れ目を取る効果があるんです。

 恥ずかしがらずに仕事中でも、やってしまいましょう!

 あなたの「脳の一部」を守るためなんですから・・・
(つづく)




 千里堂治療院のご案内はコチラをどうぞ
         ↓↓↓
     http://www.senrido.com/

筆:三浦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.