千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
栃木観光(麻井)
昨年も栃木県日光市で行われたそば祭りに行ってきました。
毎年参加していて6年目です!

今回も色々な蕎麦が出ていて、20店舗近く出店していました。
毎回違うお店が増えているので、どの店に行くか迷いましたが、今回は鴨南蛮そば・祝言そば・ぼくちそばの3つと、いつも締めに行っているへぎそばのお店をチョイス。
ぼくちそばはオヤマボクチという山菜をつなぎに使ったそばで、風味を強く感じ、のど越しも良く美味しかったです。
また、布海苔(ふのり)をつなぎに使ったへぎそばも、のど越しと食感がとても良かったです。
鶏とゴボウダシの相性が抜群の祝言そばや、温かい鴨南蛮そばも美味しく、どのそばも大満足でした。






ただ、この日の日光はとても寒かったです。
これまでも寒い予報の日に当たることはありましたが、いざ行ってみると天気に恵まれ温かい日が多かったのですが、今年はとにかく寒く、食べるまでに並んでいる間はもちろん、食べている時もガタガタ震えながらいました。
でも一番寒そうだったのは、チケットのもぎりをしているスタッフの方たちでした。

ちなみにこの寒さのせいもあってか、唐揚げの出店に一番行列ができていました。


そしてこの日は、宇都宮にある大谷資料館という大谷石の採掘場跡にも行ってきました。
ここは石を切り出した後の採掘場跡の地下空間という事でしたが、自分が考えていたよりもかなり大きな空間でした。
その広さは2万平方メートル、深さは30メートルにもおよぶ巨大空間でした。
まるでRPGゲームのダンジョンに入り込んだかのような幻想的な体験で、とても楽しかったです。
この雰囲気のためか映画やドラマ、ミュージックビデオなどで使用されることが多いらしく、どんな作品で使用されたかの紹介もしていました。
皆さんが知っている映像にも出てきているかもしれません。

ただ、ここも地下でさらに岩場なので、とても寒かったです。
夏場ならひんやりしていて気持ちよかったかもしれないですね。

皆さんも興味があったら「そば祭り」と「大谷資料館」行ってみてください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.