千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
サムイ島に行ってきました!(権左)
タイのサムイ島に行ってきました!
バンコク空港で乗り換えて、1時間ほどでサムイ島の小さな空港に着きました。
異国感漂うカラフルなホテルでは、タイ語の挨拶「サワディカー」で、元気に迎えてもらいました。

美味しいタイ料理を楽しみ、タイ古式マッサージを受け、ツアーで小さな島に行ってシュノーケリングをしたりしましたが、1番の思い出になったのは、サムイ島で有名な「ナムアンサファリパーク」に行ったことです。
正確にいうと、行くまでの道のりです。

有名なサファリパークで、たくさんツアーもありましが、そこはあえて自分たちで行ってみようということになり、現地でバイクをレンタルして、紙の地図を片手に出発です。
ホテルの人に聞いたところによると、目の前の大きな道路をまっすぐ走った所にある看板を右折すると30分くらいで着く、とのことでした。が、いくら走っても看板は見つかりません。
それでも走り続けていると、だんだんと坂道が増えてカーブになり、しまいには舗装されていないオフロード・・・というかジャングルの中に来ていました。
異国の山奥でWi-Fiもなく、ケータイも繋がらず、一生懸命手元の地図を見つめても、もうどこが何だかさっぱり分からない状態です・・・。
おまけに120ccの小さなバイクが、でこぼこ道と急坂に耐えきれず、ブレーキが片方壊れるという悲劇。。。
ガソリンと、持っていた飲み水の残量を気にしながら、勘だけを頼りに、時々すれ違う現地の人にこの道であっているかを聞きながら、最終的にはなんとか目的地に辿り着けたのです!!
30分で行くはずが5時間くらいかかりました・・・。
やりたかった「象乗り体験」と「トラとの写真撮影」をしたのは一瞬でしたが、生きて帰ってこられて何よりです。笑

何十回も聞いた道の聞き方で一番伝わったのは、「サワディカー」と挨拶して、行きたい地名「ナムアンサファリ?」と聞くこと。
ニコニコしてこっちだ、と指を指してくれるので、「コップンカー」とお礼を言います。
ポイントは地名を(例えば「ナムアン」のところを)タイ語っぽい発音でいう事。
シンプル・イズ・ザ・ベストです。
皆さん、旅行で道に迷ったら人に聞きましょう。笑

タイ料理で一番美味しかった「トムカーガイ」(チキンとココナッツのスープ)にハマって家で作っている今日この頃です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.