千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
岡本太郎記念館(藤原)
1970年に開催された日本万博博覧会。
そのシンボルとして建設された太陽の塔は、1970年以降、内部を見ることができませんでした。
今回、耐震工事をするにあたって、内部も復元されることになり、ついに3月19日より一般公開が始まりました。

岡本太郎記念館で太陽の塔の内部をミニチュアで再現する企画展をしていたので、見に行ってきました。

岡本太郎記念館は、岡本太郎のアトリエ兼住居だった場所。
企画展のほか、アトリエ風景、庭に設置してある作品を見学できます。
しかも、美術館などでは珍しく、写真撮影がOKです。

太陽の塔の内部は、今まで映像でしか紹介されたことがなく、展示してあった一部の作品は、現在でも行方が分かっていないものもあります。
塔の内部は、生命の神秘をテーマにしています。
作品名は「生命の樹」と言われ、樹の幹や枝に生物模型群が取り付けられ、人類に至るまでの生命の過程があらわされています。
今回、映像や資料をもとに再現されたミニチュアは、ミニチュアといえども見ごたえがあり、ぜひ実際に見てみたいと思いました。

企画展は、5月27日まで開催中です。
ぜひ行ってみてください。

企画展
『太陽の塔1967-2018 -岡本太郎が問いかけたもの-』
第2期 2018年2月21日~2018年5月27日(休館日:火曜日)

岡本太郎記念館
東京都港区南青山6-1-19
表参道駅から徒歩8分
TEL:03-3406-0801



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.