千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
眼精疲労から来る様々な悩み(第3回)
 よく「目」はカメラのようだとたとえられます。

 「目」の最も大切な部分のひとつに網膜があります

 カメラのフィルムのようなものだと表現されますが、実は、それほど簡単なものではありません。


 網膜は視神経の集まりで、神経細胞がたくさん集まってできています。

 網膜は「目」という感覚器官の一部と言うよりも、「脳」の一部なのです。

目の構造


 そうなのです。

 「目」は「脳」の一部なのです。


 だから、様々な障害が発生すると取り返しのつかない深刻な事態に発展することがしばしばあります。

 緑内障の発見が遅れた場合も、一度失った視力は戻りません。

 他にも、視野欠損が生じる多くの病気では、網膜に問題が起きるので、再生は不可能です。

 メガネをかけても見えるようにはなりません。


 ちょっと脅かし過ぎかも知れませんが、それほど目は大切な大切なものなのです。


 いたわって、いたわって、大事に、大事に使ってほしいのです。


 「目を使う」とは「脳を使う」ということです。

 脳は、人体の中でも特に大量の血液を必要とする臓器ですから、血行不良が「目」にも大きな影響を与えます。

 首や肩のこりがあると、目が疲れやすいのは言うまでもありません。

 内臓の病気から目を悪くするケースもあります。

 女性の場合は生理痛や生理不順、妊娠をめぐるトラブルとも無関係ではないのです。


 書けば書くほど深刻な話ばかりになりますが、とにかく過度の眼精疲労に陥らないように早め早めにケアしましょう。


 いいですか。

 もう一度書きますね。

 目は、脳の一部です。

 とにかく大切にしてください!

(つづく)




 千里堂治療院のご案内はコチラをどうぞ
         ↓↓↓
     http://www.senrido.com/

筆:三浦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.