千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
水族館シリーズ
初めて池袋のサンシャイン水族館に行きました。
館内はそこまで広くなかったのですが、ペンギンやアシカはかなり近くで見ることができました。
気軽に行ける水族館だと思います。




そしてマンボウ……最高です!



サンシャイン水族館
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティ
東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩約3分
池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩約8分

公式サイト
http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
NEWスリッパ
友達のラッピング専門店でリボンを選んで作ってもらいました~。
涼しくて可愛くてお気に入りです!


なにこれ?「歩道のGマーク」
千里堂のご近所、調布銀座一帯でも再開発の工事が始まります。
パチンコ屋さんの調布会館は解体されて建て替わるそうで、周辺も含めて大規模に取り壊されそうです。

あ、千里堂は変わらずに続きますのでどうぞよろしくお願いします(笑)。

それで、駅から千里堂への道を歩いていて、ふと足元を見ると、路面に「G→」という印が。。。
見渡すと、あたりにたくさんあり、どういう意図のものなのか疑問に。
矢印の向きが意味するものは?
この場所を掘り起こす工事をするという印でしょうか?

どなたか教えてくださーい!






湿っ地屋敷(湊)
軽井沢駅から車で10分くらいのところにある「軽井沢タリアセン」という所に行って来ました。
塩沢湖を中心としたレジャー施設なのですが、ここにある「睡鳩荘(すいきゅうそう)」という歴史的建築物が今回のハイライト!

実はこの建物、ジブリ作品『思い出のマーニー』に登場する「湿っ地屋敷」のモデルになった場所なんだそうです!
湖のほとりにひっそりと佇む洋館で、水面に周りの緑や空の色やお屋敷が写り込んでいて、本当に映画のように美しい景色でした。
歩いて周りを散策したのですが、帰ってきてから手漕ぎボートで建物の脇まで行けることを知ってしょぼ~ん(´・c_・`)
マーニー達のようにボートを漕いで近づいてみたかったです(涙)。

美しい景色や建物の他にも、ゴーカートやファミリーゴルフ、ボルダリングなどの遊戯施設も充実していて、大人も子供も楽しめる「軽井沢タリアセン」。
そうそう!
信州黒毛和牛100%の軽井沢バーガーも絶品でした!!

軽井沢に行かれた時は、少し足を伸ばしてタリアセンへ行ってみてください♪

軽井沢タリアセン公式サイト
http://www.karuizawataliesin.com/


カフェ ソラーレ Tsumugi
調布トリエ、A館4階にある和カフェです。
野菜天丼とみぞれうどんを食べました。
小鉢も、天丼も美味しく、うどんは、大根おろしが入っていて、熱々のまま食べられました。

カフェ ソラーレ Tsumugi トリエ京王調布店
http://trie-keiochofu.jp/shop/index.jsp?bf=1&fmt=2&shopid=1409


朝顔
我が家の朝顔
元気に咲いてます。

夏を楽しみたいと思います!

c0720_20180720111651b2c.jpg
西村フルーツパーラー(大房)
先日、妹とお芝居を見に渋谷に行きました。
12時半開演だったので、軽めのランチを西村フルーツパーラーで食べました。
昔からある有名なところですが、私も妹も初めてでした。
学生時代の友人のご両親が初めてデートしたのが、西村フルーツパーラーだったそうです。
50年以上前の話です。
その時とはもちろん変わっていますが、白を基調とした落ち着いたところです。
チキンとアボカドのサンドイッチとフルーツサンドイッチを美味しくいただきました。
ラーメン
少し地元に帰ったので、行きつけだったラーメン屋に行きました。
やっぱりめちゃくちゃおいしい!


そうるだんしん
我が町の盆踊りです!
やっぱり生ビールと焼き鳥ですかね(^-^)


バスケットのシーズン終了(麻井)
2年目のシーズンとなったBリーグが終わり、先日、3シーズン目の開幕日と前半分の日程等が公開されました。
B.LEAGUE 公式サイト
https://www.bleague.jp/

今年は「アルバルク東京」が「千葉ジェッツ」をファイナルで破り、2代目のチャンピオンとなりました。
田臥選手を有する去年の覇者「栃木ブレックス」は、ファイナル初戦で敗れてしまい連覇することはできませんでした。

アルバルクはシーズン中の成績は東地区2位でしたが、ファイナル(各地区のレギュラーシーズンの成績上位8チームによるトーナメント)では一敗もすることなく優勝しました。
特に決勝は攻守のバランスが良く、相手に付け入る隙を与えていなかったように見えました。
MVPにはアルバルク東京の田中大貴選手が選ばれました。

今シーズンは、東地区に比べると西地区の勝率が悪く、戦力差が偏っていた印象だったので、西地区のチームがこのオフで戦力を補強し、来シーズンがさらに盛り上がっていくことを期待します。
Bリーグ自体も去年に比べ、観客動員数が12%増えていますが、会場の規模などを考えるとまだまだ増えてほしいところです。

また、アメリカのプロバスケットのNBAもシーズンが終わり、今年は「ウォーリアーズ」が「キャブス」を圧倒して優勝しました。
ウォーリアーズはここ4年で3度の優勝と、マイケルジョーダンがいた頃の黄金期のブルズのような強さを感じさせていて、この強さがどこまで続くのか、とても楽しみです。

Bリーグの登場により日本バスケのレベルは確実に上がっていると思うので、予選を突破して東京オリンピックの場で日本チームが世界の強豪チームに挑む姿を見たいです。
ギターを弾いてみたところ。(乃村)
以前紹介しました、お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣氏作の「えんとつ町のプペル」の光る絵本展。
http://senrido.blog10.fc2.com/blog-entry-5798.html

7月20日(金)からイオンモール福津(福岡県)で開催されるそうです。

私が見に行ったのは、あきる野市にある小さなアクセサリーショップで催された展示です。
彼の画は色彩や構成がとても細やかでユニークなので、以前から興味がありました。

小さなスペースでしたが、絵本のページを壁に電飾で浮かびだし、昭和の懐かしい看板などと共に展示してあり、とても幻想的でノスタルジックな雰囲気を醸し出していました。

画には興味があってもストーリーは知らなかったので読んでみると!
画と相俟って、切なくもとても心温まるストーリーに感動!
びっくりしました。
それと、会場で流れていた曲がとても良く、これもノスタルジックな雰囲気の心温まるメロディーでした。
頭から離れず、帰って調べてみると、西野さん作詞作曲で、ロザリーナという女性シンガーが歌っていました。
透き通るような懐かしいような独特な歌声でとても素敵です。

心打たれた私は、昔弾いていたギターを引っ張りだし、曲をコピーし、歌ってみました。
とても近所迷惑な歌声が響き渡りましたとさ。
アーティスティックな一日でした(^_^;)
ミラクルエッシャー展
上野の森美術館で開催中の、ミラクルエッシャー展に行って来ました。
精密なだまし絵を見て、頭は混乱!?
これが、コンピューターのない時代に制作されたのには、本当に驚きました。

上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2
JR上野駅公園口より徒歩3分
東京メトロ・京成電鉄上野駅より徒歩5分

ミラクルエッシャー展 公式ホームページ
http://www.escher.jp/
会期:2018年6月6日~2018年7月29日


出前館でカレーパーティー!
出前館というサイトをご存じでしょうか。

住所を入力すると、その住所地へ出前してくれる料理店がたくさんヒットします。
寿司やピザばかりではありません、本当にいろいろな料理を運んでくれるんです。
注文前に、何分後に届くかもわかるので、急に頼みたい時にもいいですね。

今回は、本格的なカレーが食べたくて注文してみました。

カレーはもちろん、釜で焼いたナンもホッカホカで届いて、あっという間にカレーパーティーの始まりです!

ちなみに、緑色のは「ベイガンブルタカレー(Baingan Bharta )」。

「ベイガン」はナス、「ブルタ」は野菜を原型を留めなくなるまで調理したものを指すそうで、 「この肉おいしーなー」なんて食べていたら実はナスだとわかり、二度ビックリのカレー初心者でした(笑)。

出前館
https://demae-can.com/




スヌーピーミュージアム
六本木にあるスヌーピーミュージアムに行ってきました!
かわいいスヌーピーとその仲間たちに癒されました~

スヌーピーミュージアム
東京都港区六本木5-6-20
東京メトロ六本木駅より徒歩7分
麻布十番駅より徒歩10分
http://www.snoopymuseum.tokyo/


I LOVE 調布
調布PARCOにある北野エースで、以前『I LOVE 調布』のコーナーかあり、購入しました。
カレーはフルーツの甘さの中に後からスパイスのピリッとする辛さがあり、ビールも苦味の中にフルーティーな香り。
美味しかったです。


暑いです。
今日も暑いですね(-o-;)
調布の猫たちも、バテ気味のようです。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.