千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201806
子宮筋腫のための鍼灸治療(城所)
子宮筋腫は、女性の5人に1人が持っていると言われるほど一般的な婦人科疾患です。
月経過多(月経量が増える)・貧血・重い生理痛、不正性器出血(生理以外の出血)は子宮筋腫の代表的な症状です。
頻尿、便秘、下腹のふくらみ、腰痛などがみられることもあります。
また、不妊や流産のしやすさとも関係します。
薬で治療(偽閉経療法)している場合、副作用としてのぼせ・肩こり・めまいなど更年期様の症状に苦しんでいる方もいらっしゃいます。

病院で子宮筋腫と診断された方の中には、経過観察中の方、ホルモン剤やピル、鎮痛剤を使って一時的に様子を見られている方、手術をすすめられている方、さまざまな段階の方がいらっしゃると思います。

検診で子宮筋腫と初めて診断され、「まだ小さいから問題ないです。経過観察をしましょう」と言われたけれど、特別治療をするわけではないしこのまま大きくなってしまうかもと心配だったり、薬に頼る治療や手術はなるべくならしたくないので体質改善に取り組みたいという方、症状が重いので病院での治療に並行して薬の副作用の軽減をしたい、手術に備えて免疫力を高めたい、お母様や叔母様が子宮筋腫を経験されていているので予防したいけれど何をしたらよいのかわからない・・・など、あなたの今の状況で不安な気持ちや鍼灸治療に対する希望もさまざまだと思います。

子宮筋腫の原因は明らかになっていませんが、女性は誰でもが筋腫の芽(核)を持っていて、その発育にはエストロゲン(卵胞ホルモン)の過剰分泌がかかわっているという説もあります。
女性であれば誰でもが発症する可能性はありますが、発症するかどうかは血行の状態や免疫力の違いにかかわっているといわれます。

子宮筋腫を発症してしまった裏側には、冷え性体質だったり、ストレスを溜めやすい、便秘がち、睡眠不足などによって血行が悪く免疫力が低下してしまっていたことがあるからかもしれません。
子宮筋腫の状態を改善、または維持、悪化させないためには、血行促進とともに免疫力を高めることが何より大切なのです。

鍼やお灸の刺激は、ストレスから体を守る血液中のリンパ球を増やしたり、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。
また、冷え性や便秘症、ストレスや睡眠の質など少しずつ改善し、根本から体質改善を目指すことで、あなたの体に備わっている自然治癒力・自己免疫力を最大限に引き出すことができるのです。


千里堂治療院では、鍼やお灸とともに手技療法(マッサージ)も一緒におこなっていきますので、ゆっくりとくつろぎながら治療をうけていただけます。
自律神経の調整には、鍼灸と手技療法(マッサージ)の併用がとても大切なのです。
治療時間中は、ひとりの担当者がつきっきりの治療をおこないます。
まずじっくりとお話を伺いながらあなたの病気の経過、段階に合わせた鍼灸治療の目標を一緒に決めていきましょう。
そして、身体の変化を把握しながら治療を進めていきます。
身体をみたうえで、おひとりおひとりに合わせた生活習慣のアドバイスなどもさせていただきます。

少しでもあてはまるところがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
あなたのお悩みを少しでもかるくできるようお役にたてればと思います。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.