千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
アトピー・湿疹のための鍼灸治療(伊東)
アトピーや湿疹に伴う「かゆみ」。
ひどくなると睡眠を妨げたり、仕事や普段の生活にも支障がでてきてしまう、薬を塗ってもその時はよくなってもまたぶり返したり・・・などかゆみはその本人にしか分からないとても辛いものだと思います。
体質だと思って諦めてしまっている方も多いかもしれません。


●アトピー・湿疹とは?
アトピー・湿疹は「かぶれ」という皮膚の反応の一種です。

かぶれの原因はストレス、免疫力の低下、金属や化学物質などの刺激物の接触、内服薬の影響、アレルギー、遺伝性など人それぞれです。
症状もさまざまですが、「かゆみ」を伴い、皮膚が赤く腫(は)れたり、ぶつぶつ、水ぶくれ、かさぶたができたり、カサカサになったりと、皮膚の病的な反応が集まっているのが湿疹です。

アトピー症状としては、全身の皮膚がかさついてむずがゆくなりかきむしってしまう、良くなったり悪くなったりを繰り返すため皮膚が灰青色のくすんだ色調になってしまったり、乾燥により眉毛の外側1/3が薄くなったりするなどの症状などがみられます。
アトピーがよく見られる部位としては顔、関節部である首、肘の内側、膝の裏があります。


かゆみは副交感神経のはたらき過ぎで起こることがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、ストレスが多い現代社会では、交感神経が過剰に働き(興奮しっぱなしの状態です)、ついには正常に機能しなくなってしまうことがあります。
すると副交感神経が優位になり、体にたまった毒を出そうとして分泌や排泄の機能が盛んになったり血管が拡張することでかゆみが引き起こされるのです。

鍼灸治療は、自律神経にも働きかけ、交感神経と副交感神経のバランスを整えるため、辛い症状の改善が期待できます。
また、アトピー体質の方は冷え性で、胃腸などの消化器官が弱い場合が多いといいます。
鍼灸治療を受けることで体のめぐりがよくなり、冷え症が軽減したり、胃腸が強くなったと実感する方も多いのです。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.