千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
鍼灸適応疾患【神経痛】
神経痛という大きな枠組みの中にも、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛など、多くの種類の神経痛が存在します。
1番よく耳にするのは坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経はお尻、大腿後面、下腿外側および後、足の外側と走行している、人体で最も太い神経と言われています。
この神経が障害されると、筋肉の痛み、痺れ、感覚が鈍くなる、力が入らないなど、様々な症状が現れますが、人によって症状の出方も違います。

そんな中でも共通して言えるのは、その症状が出ることによって、日常生活の質が落ちてしまうこと。
「毎朝起き上がるタイミングで…」
「ずっと座っていられず仕事に支障が…」
「身体を思うように動かせない…」
精神へのストレスも溜まっていく一方です。

西洋医学では鎮痛薬、内服薬の処方や牽引療法などがありますが、なかなか改善の兆しが見えなく途方に暮れてしまうことも多いようです。
だからと言って鎮痛薬を毎度飲み続けるのも胃に負担がかかってきてしまうので、なるべく避けたいですよね。

そんなときに東洋医学を利用してみるのもひとつの大きな手段です。
痛みや痺れを緩和させるのは鍼灸の得意分野の1つでもあります。

また、薬だと気になる副作用も、鍼灸ではその心配はいりません。
一時的なダルさなどは出ることもありますが、症状が改善するための身体の好転反応といえるからです。

冷えからくる神経痛もあるので、そういった場合はお灸がとても効果的です。
温熱刺激で血液循環を良くして、筋肉の緊張をほどき、神経の圧迫を取り除いていきます。

神経痛に悩む日々から少しでも早く解消されますように、是非ご相談ください。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.