千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
202101<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>202103
開院しています【感染対策を徹底】
おひとり入れ替えの都度、使い捨てベッドシーツやフェイスシート、タオル類の交換、各所の消毒や換気を徹底しています。
そのため治療間隔を広くさせていただいています。

予約が取りづらくなっており申し訳ございません。

来院日にはご自宅でも検温していただき、発熱していなくても何か疑わしい症状がある場合には、必ず【来院前に】ご連絡ください。

*当院の感染対策については公式サイトをご覧ください。
https://senrido.com/

*予約制です。
ご予約がないまま来院されませんようにお願い致します。

*この記事は【2021年2月26日】時点のものです。
開院状況に変更が生じる場合は随時ここに載せます。


アナログレコード(湊)
以前、「ハイレゾ」デビューを果たしたことをご報告しましたが、この度ついに「アナログ」に回帰したことを重ねてご報告申し上げます。
あ、音楽プレーヤーの話です(笑)。

「ハイレゾ」というのはCDの約6倍の音質があって、デジタルでは最強!という話だったのですが、それに慣れるとさらに上を求めてしまうのは人間の性なのでしょうか。。。

ここ数年、新譜をレコードで発売するアーティストが増え、それに呼応するかのようにプレーヤーの新製品が続々と登場し、ついにハイレゾ対応レコードプレーヤーとやらまで誕生して、もはやカオス状態に(笑)。

レコードプレーヤーというと、なんだかセッティングが難しそう・・・と思われるかもしれませんが、コンポやスピーカーがあればコードを繋ぐだけ!
Bluetooth機能があるものなら、コードさえも必要ありません!
スタートボタンを押すと自動的に動いてくれるので、針を落とす緊張感もなし!
あとは圧倒的な音質と音圧にただただ浸るだけです。

スマホ一つで数えきれないほどの曲に出会うのもワクワクしますが、ちょっと重量感のあるレコードのA・B両面を噛み締めながら味わうのも、今ならではの贅沢なのかもしれません。


音楽でリラックス(杉山)
音楽が好きで、よく聞いています。
昔はいわゆるJPOPなどの、歌詞のある曲をよく聞いていたのですが、最近はインスト曲を聞くことも多くなってきました。
リラックスしたいときはアンビエント系の曲をよく聞きます。

Marconi Unionの「The Weightless」という曲をご存知でしょうか。
実はこの曲は、イギリスの科学的な研究で、最もリラックスできる曲に選ばれたのだそうです。
そう思って聞くと・・・確かに、非常にリラックスできる感じがします。
いつまでも聞いていたい感じですね。
浄化されるというか、何とも言えない心地良さに包まれていきます。
こういう曲を聞きながら外を歩いていると、景色もちょっと違って見えたりします。

ときにはアンビエント系の音楽でリラックスしてみてはどうでしょうか。
自宅で簡単ツボ押しセルフケア【便秘】
今回は便秘です。
コロナの影響で運動不足になり、この症状に悩まされている方も多いのでは!?

便秘にお勧めのツボは「天枢」です。
場所はおへそから指の幅3本分横にあります。
左右どちらにもあるので仰向けに寝て人差し指、中指、薬指をそろえて優しく押してください。



参考図書
経絡経穴概論
著者:教科書執筆小委員会
発行:医道の日本社
ゲームもほどほどに(田口)
みなさん、「ピクミン」というゲームはご存知ですか。
任天堂のゲームで、ピクミンという植物のような形をした不思議な生命体と共に戦うゲームなのですが、かれこれ10年ほど前に、ピクミンが可愛くてハマりハマったゲームでした。

最近Switch版として発売されたようで、CMを見ながら懐かしいなぁと思っていましたが、ひょんなことからゲームソフトを貰うことになり、久しぶりに遊んでいます。
一見可愛らしいのですが、実際はピクミンを敵に投げて攻撃し、失敗するとピクミンが食べられてしまうというシビアな世界観。
でもとても面白い。

Switch版になってより映像が綺麗になっていました。
が、20分ほど遊ぶだけでも眼精疲労が酷いです。
大きなテレビ画面でやるようにし、しっかり距離を取るようにしていますが、どうしても目の動きがテレビに集中してしまい、目の筋肉の疲労に繋がってしまっているようです。
さらにゲームのコントローラーを両手で持っていると、自然と肩が内巻きの体勢になり、肩甲骨の間が引っ張られる状態が続くので、一息つこうと思った時には、背中がバキバキになっています。
ゲームと一緒にしては失礼ですが、デスクワークの方々の毎日の疲れを少し体感したように思いました。
やはり体を動かすよりも、ずっと同じ姿勢でいる方が筋肉に負担がかかりますね。
遊ぶときは、30分に一度は肩甲骨を回すようにし、瞼をぎゅっと閉じてから力を抜くなど、少し目のケアをするようにしています。

日々の生活の中には、色々な所に身体の疲労ポイントが隠れています。
ゲームのやり過ぎに注意しながら(^_^;) 上手にケアして楽しく過ごしたいなと思います。




暖房(権左)
家の暖房を新しくしました。
「サンラメラ」という遠赤外線セラミックヒーターです。
エアコンやファンヒーターなどは、空気が乾燥するし足元だけは冷えるような感じで、何か他に良い暖房はないかな、と探したところ、ちょうど良いものを見つけました。

このヒーターは、特殊なセラミックパネルが太陽光線にも含まれるような波長の熱を大量に放射します。
空気を暖めるのではなく、人体や部屋の床、壁、天井など、ものを直接温めるので、部屋全体が暖かくなり、換気の必要もないのです。
寝る時もつけっぱなしでOKです。
空気も汚れず乾燥もしない、まさに探していたものでした!
ヒーターの前に座っているだけで、腰痛などの辛い症状も軽くなるとか!
ずっとあたっていても頭がぼーっとしてきたりせず、日向ぼっこをしているような感じで体が芯からポカポカと温まります。
これで今年の冬も元気に乗り切れそうです!
カレンダーで体調管理(藤原)
今年は『体調を整える』を目標に卓上カレンダーを購入しました。
月の満ち欠けと二十四節気がわかるカレンダーです。

現代は、快適な環境で暮らしているので、自然の影響を受けていないと思っている方も多いかと思います。
でも振り返ってみると、例えば雨だと、何となく気分が落ち込んだり、満月や新月になると体がだるくなったりすることはないですか?
何気ないことですが、これって自然の影響を受けてのことなんです。

月の満ち欠けについては、潮の満ち引きと関係があることはご存知かと思います。
私たちの体は、60~70%が水分で、海の割合とほぼ同じなんです。(海の割合は約71%。)
こう考えると、引力の影響を私たちの体も受けていると言われても、不思議なことではないと思います。
特に満月と新月の時期は、引力が最大になる時期で、海も大潮になります。
そのため、体にむくみがでたり、だるくなったりする人も多いと思います。
また、日照時間が少なくなると、精神面に大きな影響を与えるセロトニンの分泌が少なくなり、気分が落ち込んだり食欲が落ちたりします。

自然のリズムを考えると、
○春から夏の季節は、太陽の日照時間も長く、元気に活動できる時期
○秋から冬の季節は、太陽の日照時間も短く、元気な気分が少し減るので、活動を少し抑える時期
○満月の時期は、『太陽⇒地球⇒月』の位置で、夜でも太陽の光が地球に降り注ぎ、夜になっても気分が高揚しやすい時期
○新月の時期は、『太陽⇒月⇒地球』の位置で、夜になると太陽の光が地球に降り注がないので、夜に気分が落ち込みやすくなる時期
○満月と新月は引力が最大になるので、体が膨らみ、むくみやすく、体がだるくなりやすい時期
と、考えられます。

自然のリズムがわかると、どう過ごすかで体調に変化が出ると思います。
例えば、秋や冬の時期に、春や夏のように元気いっぱいに活動すると、春や夏より疲れやすく体調を崩しやすくなります。
新月や満月の時期に、むくみやすく、体がだるくなることが分かれば、その時期はむくみやすくなる食べ物を控えることで、体調を崩さなくなるかもしれません。

ただ、新月・満月は、人によってどちらが体調が良いかは違うようなので、自分がどちらなのかを確認してみてくださいね。

自然のリズムを考えながら、ぜひ、体調を整えていただけたらと思います。



ミシン(大房)
今使っているミシンは、義母のもので、20年近く前のミシンです。
新しく購入しようと1年くらい前から考えているのですが、なかなか決められません。
そもそもミシンの知識がないので、パンフレットやネットを見て決めようと思ったのですが、迷います。
すぐに必要なものでもないので、気付いたら1年経っていました。

家庭用ミシンでも種類が多です。
機能もいろいろあって便利ですが、本当に必要なのかがわからない。
今は、バッグやポーチなどの小物を作っていますが、いずれ洋服も作ってみたい。
刺繍の機能はあったほうがいいのか、そうなると価格も高くなるし・・・などなど、悩むのもけっこう楽しいので、また1年経ってしまうかもしれません。。。
自宅で簡単ツボ押しセルフケア【腰痛】
今回は腰痛です。
多くの人が辛さを感じている症状の一つでは無いでしょうか?
また寒くなってくると自覚されることが増えてきますね。

この腰痛にお勧めのツボは「委中」です。
膝の裏側にあるので、床に膝を曲げて座り、人差し指や中指で押す(マッサージする)といいと思います。
ただ、刺激が入りやすい場所なので、気持ち良いくらいの強さを目安に押してみてください。

※今回のツボは慢性的な痛みがある人向けです。
ギックリ腰の様な急性症状の場合は無理をせず強い痛みが引くまで安静にしてください。



参考図書
経絡経穴概論
著者:教科書執筆小委員会
発行:医道の日本社
鍼灸適応疾患【肝機能障害・肝炎】
肝臓の病気はある程度進行しないと症状が出ないため、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。
症状が出現する頃には重症化しており、手遅れになってしまう危険があります。
定期的に健康診断や医療機関での検査を受けていますか?
受けている方は、肝機能の数値を今一度確認してみましょう。

肝機能の低下は、肝臓の腫大の他、血液検査上AST値やALT値(肝臓の働きを見ることができる値)の上昇となって表れます。
また、家族に肝炎や肝臓病の方がいるならば、なおさらチェックすることをおすすめします。
すでに肝機能異常を指摘されている方は、肝炎、肝硬変、肝癌に進行する前に食い止めましょう。

医療機関の受診はもちろんですが、鍼灸治療も大いに可能性を秘めています。
肝臓に異常がある方は、背中の強い筋緊張があったり、足の冷えや精神的なイライラなど、心身ともに疲弊してしまっていることが少なくありません。
鍼灸治療は肝臓に関するツボを刺激すると同時に、冷えや凝りがある部分にもアプローチし、自律神経を整えて情緒を安定させる効果があります。
鍼灸は、全身の症状を捉えた上でウイルスに対抗するための免疫力を高め、肝機能を回復させる自然治癒力を引き出すことを期待します。
結果として、AST値やALT値も正常値に緩やかに戻っていくのです。

内臓機能の疾患は、1度の鍼灸治療で劇的に変化するわけではなく、回数を重ねることによって、ゆっくりと体調を改善させていきます。
この機会に、自分の身体を見つめ直してみてください。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.