千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体・調布&経堂)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
初オーストラリア(木村)
連休を利用して、妹が滞在しているオーストラリアのメルボルンに行ってきました。
1人で海外に行くのは初めてで、英語のできない私は妹に会うまでずっとドキドキしていました。
一番難解だった税関も、まさかのセルフ式で、英語を使わずに通る事ができて一安心。

オーストラリアに着いてからは、英語は妹に任せて観光を満喫するはずが、行きの飛行で飛行機酔いをし、12時間のフライトで疲れが出たのか、滞在していた3日間ずっと胃の調子が悪かったです・・・。
けれど、妹が色々と企画してくれていたおかけで、ワイナリーツアーで美味しいワインが飲めたり、船上レストランでディナーできたり、野生のコアラに遭遇したり、カンガルーを見に行ったりと充実した3日間を過ごす事ができました!
今度は体調万全でまたオーストラリアに行きたいです!
美味しんぼ友の会(湊)
『美味しんぼ』というマンガに出てくる料理を食べてみよう!!! と、学生時代の友人たちと「美味しんぼ友の会」というグループを結成して、不定期で活動しています。

今回の料理は【佛跳牆】!!!
日本語読みだと「ぶっちょうしょう」。
中国語だと、「フォーティャオチァン」と読むそうです。
名前の由来は「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」という詞にあるとされています。

乾物を主体とする様々な高級食材を数日かけて調理する、福建料理の伝統的な高級スープ。
本格的なお店でいただくと、目玉が飛び出るくらいの金額になると聞いていたのですが、今回は比較的リーズナブルな所を見つけてもらったので、思いきって食べてみることに!!

そして、出て来ました!!佛跳牆!!
壺にゴロゴロと入っているのは、ふかひれ・干し貝柱・鶏肉・ナマコ・ナツメなど漢方食材20種の高級食材。
これを1日かけて蒸し上げているそうで、たしかに香りがすごくいい!!
見た目は琥珀色の透明なスープ。
なのにお味は、とっても濃厚。超濃厚。
そして複雑(説明下手ですみません…(笑))。
漢方感満載で、体にいい!!!っていう感じです(笑)。
紹興酒が効いていて、体の芯からポカポカ温まってきました。

翌日も元気もりもりで、巷でよく耳にする「自分の体は、自分が食べたものでできている」を体感した会になりました!

【佛跳牆】気になった方はまず、『美味しんぼ』第9巻を読んでみてくださいv(^o^)



chez andy labo(シェ アンディ ラボ) (藤原)
2010年4月にオープンしている洋菓子屋さん。
ずっと気にはなっていたのですが、ついに、行ってきました。

京王線府中駅から徒歩7分。
桜通りに沿いにあるお店です。
奥に5席のカウンター席が置かれていて、ここでケーキも食べられます。

なんといっても、ここのケーキ屋さんの特徴は、ショートケーキのスポンジと生クリームの層が縦になっていること!
スポンジのおいしさを楽しんでほしいからだそうです。
確かに蒸しパンに近いしっとりとしたスポンジが、甘さ控えめの生クリームと合わさって、とってもおいしかったです。
一緒に頼んだジンジャーエールも自家製のシロップを使用したもので、普段飲んでいるものとは全く違い、ショウガの辛さと甘さのバランスが良く、粒コショウのピリッとした感じもあり、贅沢な飲み物でした。

6~9月には、手作りシロップをかけたかき氷も味わえるようですので、今度はかき氷を食べに行きたいと思います。
お肌(一ノ宮)
今年の春は例年よりも肌がかゆくなり、乾燥もひどかった。。。
久しぶりに皮膚科に行くことになってしまいました。
オーガニックの化粧品だけでなんとかしたーい!とは思いつつも、科学の力も借りて(笑)、不安定ながら過ごした春。

何か自分でできることはないのかと色々調べたところ、『睡眠をしっかり』『食べ物はバランスよく』『ストレスを溜めない』『軽い運動を』・・・・
そんなこたぁ、知ってますし!! と、なる結果に。
それはそうなんですけどー、お酒も美味しいしー、しょっぱいものも好きだしー、つい寝るのは遅くなるしー。。。

それはそれで気を付けるとして(気を付ける、つもりとして(笑))、『顔ヨガ』と『ベロ回し』をやってみることにしました。
ただ、顔や首の皮膚はデリケートなので、マッサージも強すぎないように、顔の筋トレも自分に合うものを探しながらの方がよさそうです。
やりすぎはダメ、ですね。

不安定な気候ですが、お肌に優しい生活を心掛けながら、口角をあげて日々を過ごしていきたいと思います♪
別れ(八子)
5月、私は悲しい別れを経験しました。
寂しさが身に染みます。
仕事の悩みも聞いてくれ、何でも話せる相手でした。
料理はそれほど上手ではないけど、何時に行っても食べさせてくれました。
私にとっては大事な人でした。
沢山励ましてもらったし、厳しく助言もしてもらいました。

5月にお別れしたその人とは・・・姉です。
姉は、徒歩1分程の所に住んでいたので何かと面倒を見てもらいました。
子どもの頃はケンカばかりで、あまり口をきかなかったけれど、実家を離れてからは不思議なくらい仲良くなりました。
姉は、結婚し故郷に帰りました。
私に義理の兄ができました。
初夏の味(大房)
3年前から新生姜の甘酢漬けを作っています。
繊維にそって薄切りにしたら、さっと茹で上げて、冷めたら甘酢に漬けるだけです。
薄いピンク色になるのがかわいいですね。

甘酢漬けと言えば、らっきょうもありますが、私はらっきょう味噌が好きです。
生のらっきょう5つくらいを薄く切って、鰹節と味噌を混ぜるだけですが、ご飯が進みます。
臭いは強烈ですが美味しいですよ。

去年育てるのに失敗したパクチーですが、4月に種を蒔きました。
今年は食べることができましたが、あっという間に花が咲いてしまいました。
秋蒔きにも挑戦します。

アボカド料理の後は…(斉藤)
昨年、雑誌のアボカド特集を読んでいたら、食べた後の種を発芽させてみよう! という記事がありました。
そこに載っていた、実際に成長したアボカドの写真がとても素敵でした。
簡単そうだし、ゴミで捨ててしまう種がこんな風になるなら!と私もチャレンジ!

すると、一回目のチャレンジで見事に発芽!!
その後順調に成長するも、ヒョロヒョロと上にばかり伸びて、ちょっと頼りない姿に・・・。
調べてみると、どうやら日光が足りなかったみたいです。
こんなに細くて大丈夫かな?と心配でしたが、なんとか冬も枯れずに乗り越えました。
そして今年の春には、ニョキニョキと元気に新芽を出してくれました!

軽い気持ちで始めた事でしたが、それなりに手をかけて育てて来たので、今ではとても可愛くて「アボちゃん」という名前まで付けちゃいました。
最近は、このアボちゃんに実がなるのかなぁ? そしたらステキだなぁ、とワクワクしながら成長を見守っています。
リボンとファスナーで作るポーチ(大房)
妹からちょっと不思議なポーチの作り方を教えてもらいました。

用意するのは50cmのファスナーと、巾15~18ミリのリボン60cm。
手縫いでちくちくリボンとファスナーを縫い付けてファスナーを閉めると、三角形の小さなポーチになります。
が、なぜか四角や不格好な三角形になったりします。
縫っている途中でファスナーを閉めて、確かめながら縫うといいようです。
でも四角形になったものもかわいいです。

ファスナーの長さやリボンの巾を変えても出来るのか、試してみたいと思います。
はちみつドレッシングにはまっています(木村)
木村家では最近「はちみつドレッシング」にはまっています。
福岡に住んでいる親戚から送られてきた荷物の中に、このドレッシングが入っていました。
ドレッシングを使う前は「絶対甘そう!」と思っていたのですが、サラダにかけてみると、思っていたほど甘くはなく、さっぱりした甘さで少し酸味がありとても美味しかったです。
それ以来、木村家ではサラダ、温野菜、冷やし豚しゃぶなど、色々なものにかけています。
ドレッシングがなくなるとすぐに親戚に連絡して、まとめて送ってもらっているほど、全員はまっています。

合成着色料や保存料が入っていないため、賞味期限が短いのですが、安心して使える物です。
『けんちゃんの生まれたて!「はちみつ」和風ドレッソース』オススメです!
すみだ水族館へ行ってきました(藤原)
友達が、年間パスポートまで購入し、会社帰りに癒されに行っているという話を聞いて、すみだ水族館へ行ってきました。

はまってしまったのは、クラゲとチンアナゴ!!
クラゲのゆらゆらしている姿や、チンアナゴのかわいらしい顔に、もう、水槽の前から離れられなくなってしまいました。
また、ペンギンの水槽もすごい!
屋内開放のプール型水槽で、ペンギンを間近に感じられて面白かったです。
そのほかにも、金魚や、東京諸島をテーマにした大水槽など、小さいながらも見せ場があり、ゆったりとくつろげる空間は、まさに『癒しの空間』でした。

水族館にありがちな派手なショーはないのですが、ゆったりできてオススメです。
ぜひ行ってみてください。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.