千里堂治療院のスタッフブログ(鍼灸指圧マッサージ整体・調布&経堂)
隔月刊紙「一生使うカラダだから」でおなじみのスタッフが作るブログサイト
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
昭和記念公園(与那原)
昭和記念公園へ行ってきました。
広い公園と聞いていましたが、想像していたより広い!!
季節ごとに咲く花々に広い原っぱ、ハーブ園、日本庭園などなど・・・様々な施設もあり、とにかく広い!!

西立川口出入口から入園するとすぐ大きな池があり、手漕ぎボートに初挑戦しました。
うまく漕げずに浅瀬に乗り上げるハプニングがありましたが、水鳥をすぐそばで見ることができました。
奥へ進んでいくとバードサンクチュアリーがあり、野鳥の観察ができる場所がありました。
肉眼では全く見えなかったのですが、大きなカメラで撮影していたおじさんに写真を見せてもらえました。
きれいな鳥もいましたが、鷹の写真もいくつかありました。かっこいい~!!
次回は双眼鏡を持って行ってみようと思います。
最後は、原っぱでゴロゴロして、持っていったスイーツを食べました。

草花の匂いに囲まれて、思いっきり伸びをして気持ち良い一日になりました。
また季節が変わったら行ってみたいと思います。


◎国営昭和記念公園公式ホームページ
http://www.showakinen-koen.jp/
猫のナナ(八子)
今回は、以前飼っていた猫のナナの思い出を書きます。

ナナは初めて飼った猫で、アメリカンショートヘアの美人猫でした。
姉の誕生日に祖父母からプレゼントされました。

ナナはとてもプライドの高い神経質な性格で、変わった癖がありました。
それは、来客があると必ず靴の匂いを嗅ぎ、次に来客の足の裏の匂いを嗅ぐのです。
その頃の来客はというと、私の部活の友達です。
野球部でしたから、足の裏も靴もかなり強烈な臭いだったと思います。
猫は人間より20倍嗅覚が良いそうです。
5人も6人も来ると、ナナは忙しそうに玄関と部屋を往復していました。

家族の帰りをいつも気にしていて、車庫を開ける音を聞くと玄関まで出てきたナナですが、今は、写真となって玄関で私達の帰りを待っています。
はじめまして(斉藤)
はじめまして!
この度経堂治療院の一員になりました、斉藤です。
島根県出身です。
どこにあるの??という方がほとんどだと思いますが・・・。
日本海に面しているので美味しい魚が獲れますし、縁結びで有名な出雲大社や、世界遺産の石見銀山、国立公園の隠岐の島など、素敵なところがたくさんあります。
これから、皆さんが健康で楽しい生活を送れる様、お手伝いしていきたいと思います!
どうぞよろしくお願いします。
調布びーる(三浦)
某居酒屋で「調布びーる」なるものを見つけて、さっそく注文してみました。
うん、うまいっ!(気のせい? いやいや、本当です)

なぜ調布?と思ってネットで調べてみると、

『秩父山系の天然水をさらに独自で磨いたものを使い低温でじっくりと
 寝かせて熟成させた下面発酵ビールです。
 穏やか味とフルーティな香りがおいしい。
 胃腸の働きに効果があるといわれる酵母入り。
 調布びーるラベル文字は、歴代調布市長の直筆です。』

とのこと。
ホッピービバレッジさんの工場が調布市多摩川にあるんですよね。
http://www.hoppy-happy.com/info/products/shousai_beer-chofu.html


たこ焼き(林)
友人がたこ焼き屋さんを始めて数年経ちます。
友人は、まだお店を構える前は、「道頓堀くくる」というところで働いていました。
働いていたお店によく食べに行きました。
友人宅でたこ焼きパーティーもしました。
友人のお店は遠いので、なかなか食べには行かれないのが残念です。

私はたぶん、たこ焼きが好きです。
今は、調布駅前にある「あずまや」にふらっと食べに行ったり、お持ち帰りをして、家で食べたりもしています。
この頃真剣に考えるのは、「たこ焼き器を買おうかな」であり、この頃思い出すたびに悲しくなるのは、友人が引っ越す時に「たこ焼き器をもらわなかったこと」です。

巷では、ソースにも色々種類がありますね。
王道のこってりソースから、さっぱりポン酢まで。
『ポンまよ』という、ポン酢とマヨネーズの組み合わせが個人的には好きです。
インターネットでは、自宅で作る色々な変わりダネたこ焼きを調べられます。
もうここまでくると買わない訳にはいかない、たこ焼き器。

ちなみに我が家には、【自宅で作る焼き鳥焼き器】があります。
これもまた最高です!!!
アフリカを知る(川人)
先日「アフリカ理解プロジェクト」主催のワークショップで、ハンドマッサージの実演をしてきました。
今回のワークショップは「アフリカのハーブ・スパイス講座とアロマトリートメント・クラフト実習」ということで、エチオピア原産のフランキンセンスという精油を使ってのハンドマッサージ。
鍼灸師ですので手や腕のツボの話や手指のトラブルなどの話を入れながら、デモンストレーションを行いました。
皆さんとても熱心に実習されており、私も嬉しく思いました。

講座では、ケニア・タンザニアの「マサイの薬草売り」が有名であること、世界でも有数の多様な自然や文化にめぐまれたエチオピアや南アフリカが「薬用植物の宝庫」として知られていること、エチオピアでは600種を超える在来植物が薬用として利用され、スパイス、ハーブ、精油など外来の植物栽培もおこなわれていることなど、知らない事ばかりでとても勉強になりました。

とても遠い国で自分とはあまり関わりのないイメージが強いアフリカでしたが、いろいろ学んだことで一気に親近感がわいた一日でした。
徒歩30分(一ノ宮)
今住んでいるわが家から【最寄りの駅】まで30分かかります。
中学生の頃は、『全然、最寄れてない!!最寄りに駅がない!』と、わけのわからない文句を言いつつ、学校も駅の近くにあるので、とにかく毎日毎日30分くらい歩いて通っていました。
高校生以降は、バスや、自転車、はたまたバイクに乗ったりしていましたが、今は久しぶりに歩いています。

現実に直面したのは、歩き始めてすぐ。
学生の頃に歩いていた時は25分くらいで着いていたのですが、なんと! 久しぶりに歩いてみたら、30分以上かかりました。

最初の2回は目の前で電車が行ってしまい、惜敗。
3回目は最後にダッシュして、辛勝。
車内で心臓がバクバクでした。
『家を出て30分じゃ、電車に乗れない』という現実を目の当たりにしました。
4回目以降は、余裕を持って家を出ているので、電車には乗れていますが。。。

慣れれば歩くのが早くなるのか、もう歩くのが嫌になっちゃうのか、まだわかりませんが、ゼーゼー言って坂を登る今日この頃です。
はとバスツアー(湊)
先日初めて「はとバスツアー」に参加しました!
桜の季節限定の「はとバスお花見ツアー」というツアーで、都内のお花見スポットを回ってくれる日帰りツアーです。
いくつかコースがあるのですが、屋形船に乗ってみたかったので、夕方出発の夜桜コースに決めました!

夕方に東京駅に集合し、バスガイドさんの観光案内を聞きながら下町をバスで回り、浅草寺に到着。
米久さんで牛鍋をおいしく頂き、続いて吾妻橋から屋形船に乗ってスカイツリーを見ながら隅田川を遊覧。
隅田公園に咲く桜のライトアップと、後ろにそびえるスカイツリーの桜色の特別ライティングが、隅田川にとっても綺麗に映り込んでいて、屋形船ならではの景色が堪能できました。

バスに戻ると、次は靖国神社へ。
そこから千鳥ヶ淵の桜並木をゆっくり歩いて見て来ました。
靖国通り沿いからだと、お堀の向こうに東京タワーも見ることができます。

スカイツリーと東京タワーを、どちらも桜越しに見られるなんて♪
贅沢な気分になりました♪

満開のタイミングでツアーに行くのはなかなか難しいものですが、機会があればぜひ皆様も参加してみてください!

20170530

桜満開。(乃村)
暖かい季節・・・と思っていたら、一気に夏が近づいてきましたね。

桜が満開だったある天気のよい日に、桜を見ようとドライブ。
昼食に、千里堂スタッフから美味しかったと話を聞いていた、八王子にある壱発ラーメンというラーメン屋に入りました。

昼時ということでかなりの混み具合。
券売機の前で迷っていると、店員のおばさんが大きな声で、
「迷った時はネギちゃーしゅー!」
店員さんみんなで復唱。
「ネギちゃーしゅー!」

ネギちゃーしゅー麺を注文し、しばし待ち、運ばれてきました。
おばさんまたも声を張り、
「どんぶりに咲いた大輪の花、ちゃーしゅー! ちゃーしゅー満開でーす!」
店員さんみんなで
「満開でーす!」
店内に響き渡ります。・・・ちょっと照れくさいです。

花見ドライブ、辿り着いたらちゃーしゅー満開。これいかに(^_^;)
美味しくいただいて、春の一日を満喫してきました。
猫のミイ(八子)
うちの猫のミイについて話します。
ミイは、13才アメリカンショートヘアです。
姉が動物病院の張り紙を見て貰ってきた猫です。

ミイという名前はすぐ決まりました。
左右の上まぶたがまっすぐで、ムーミンに出て来るミイの目とソックリだったからです。
ミイは人懐こく性格の良い猫です。
いわゆるブサカワですが、ミイをもらいに行った姉が言うには、ミイと同じ目をした猫が4匹いたそうです。

ミイはうちの犬のテリーとも仲良しで、鼻をくっつけて挨拶したり、ニャーニャーと話しかけたりしています。

猫も人間も顔じゃないよね性格だよねと思っていたのですが、温厚だと思っていたミイにも嫌いな存在がいたのです。
それは一昨年うちにやって来た黒猫のムウです。
ミイは13才のおばあちゃんですから、1才のきかん坊のムウとは馴染めないのかもしれません。
顔をあわせるたびに威嚇します。
動物病院の先生の話によると、気の合わない猫同士は一生合わないんだとか・・・難しい問題です。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.